So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

主な記事のご紹介

2月いっぱいをもって7ヶ月続いたロケフリTV体験ブログ「フィラデルフィア日記」を終了させていただきました。ご愛読していただいた皆様、本当に感謝、です。

いままでの記事を振り返り、主な記事だけここにまとめさせていただきます。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

日本のTV番組を自由に海外で見る?

ロケフリTVがネット経由で見れる、しくみを簡単に説明。

感謝!デジホームサポート

ベースステーション設置@実家をソニーのサポート部隊の方に依頼。

モニターの輸送:日本→米国の場合

設定が終わった後のテレビモニターを空輸するときのアドバイス。

一番気になるところは、画質?

アメリカのケーブル環境でダウンロードする画質は、どの程度か。

アメリカの某ホテルにて、ロケフリ。

海外出張がアメリカの場合、ホテル滞在でどの程度見られるのか。

速度は速ければ速いほど良い。

ネット環境(下り側)が変わった時のレポート。

ロケフリTV、ウェブの使い勝手は?

テレビだけでなくウェブも使えるロケフリTVのレポート。

やっぱり速いといいかんじ。

さらに下りネット環境が改善されたレポート。

 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

日本のテレビを海外で見る人々。

海外から日本のテレビ番組を見ている方々のブログリンク。

LF-PK1発売。さらに手軽に海外からTVが見れる!

話題のPK1の紹介。

 

 

 



これから世の中、もっと楽しい。 [ロケフリTV体験]

突然ですが本日にて、ロケフリ体験ブログ「フィラデルフィア日記」終了です。

今までアクセスしてくださった方々、コメントしていただいた皆様。

ナイス!をくださった、トラックバックしていだたいたみなさま。

ありがとうございました。感謝!です。

8月からの7ヶ月間。今までのこのブログが海外または地方に住み、現在テレビを自由に見られない人にとって、選択肢の一つとしてソニーのロケーションフリーテレビという解決方法があるということをお伝えできたらと思い、その体験をご報告をさせていただきました。

テレビ局自身が番組を有料で配信しはじめたり、プロバイダーが有料コンテンツを配信したりと日本語のテレビを場所を選ばずネット経由で視聴できる世の中。これからどんどんその選択肢の幅と数が増えていくことと思います。

 

自分のパソコンを持っているかによって。

現在の自分のネット環境によって。

自分がどの程度視聴したいのか、どんな番組を視聴したいのかによって。

かけられるお金によって。

 

ご自分の状況によって変わっていくとは思いますが、私の場合はソニーのロケーションTV、12インチのモニターつきLF-X1で正解でした。当時はまだベースステーションのみのLF-PK1が発売されていなかったのですが、もしもPK1が発売されていたとしても、LF-X1が良かったかな。理由は日本に帰国してからもコードレスTVとしても活躍できたから。アメリカにいるときには日本のテレビがネット経由で見れる魔法のテレビ。日本に帰国してからは台所でもお炬燵でも自由に移動できるテレビ。一台二役。すばらしすぎます。

ただ、値段を考えればやっぱりPK-1がなんといっても画期的。海外に住む友人にまず薦めるのはPK1かな。

 

自分がどこにいて、何をしていても、楽しく人生がおくりたい。

これからの世の中ネットが広がり深くなることで、もっと場所を限定されずになんでもできるように、場所を限定されるずに楽しい人生が送れるようになる。

きっと、もっと、楽しくなるでしょ。

 

 



圧倒的に便利で簡単。 [ロケフリTV体験]

ずいぶんと、報告が遅れてしまいましたが設置完了です。

旦那さんが設置するのを横で見てただけの、私ですが、

どうだったかというと。

あまりにも簡単で、びっくりしました。

理由は私たちのロケフリの場合はもうすでにソニーのデジホームサポートの方々がわたしの実家にてMYロケフリに対して、全て設定済みなので、

差すだけで見えました。 

Yes!

一度設定してしまえば、実際の住所が変わっても再度設定しなくて良い。

で、じゃあ最初の設定が難しいかというと。

NO。

私も、できそうです。 (私はパソコンのソフトを使いこなすのは結構得意。ハード的にはもパソコンの基礎の仕組みや中身、外部の基本接続機器も役割的には知ってるけど、どこのメーカーから新製品が出たかもわからないし、秋葉原にいって心うかれるわけでない、レベル)

でも。

母だと、無理そうです。 (母親はエクセルで必要なことはできるが、英語文字入力がなぜか日本語入力に突然かわってしまうとそれを元の英語入力に直せなくて電話してくる、レベル)

私的結論。

自分が日本にいなくて実家にベースステーションを設置したい場合には、

意外と設定は簡単だとわかったものの。

やっぱり母には頼めない。

自分が帰国した際に設置をするか、もしくは、外部の協力を頼む。

かな。

 

 



一緒になりました。 [ロケフリTV体験]

今頃ですが、あけましておめでとうございます

七草粥も住んだ頃なので小さい文字で書いてみました。

私たち家族は、年末年始は実家に帰省。

4年ぶりのお正月を日本で迎えて。息子にとっては初めての日本のお正月

お正月ってなに?お年玉ってなに?の何々オンパレード。

説明疲れの私です。とほほ。

 ところで、ところで、実家からもってきました、ロケフリベースステーション。

とりあえず実家に設置されているのを引っこ抜いてもってきただけ。

設置好きの旦那さんが今週末に設置するぞと楽しみにしているところ。

 

いままでは、日本の実家に母体ベースステーション設置したものをアメリカから視聴。

期間は短いものの、かなりディープに楽しませていただきましたが、今度は自宅に母体を移動。

ワイアレスTVとして楽しみつつお出かけ先に持っていくスタイルでこれからは楽しもうと画策中。

今回自分で設置するので(といっても旦那ですが)、どのくらい設置が難しいかを体験できるのが楽しみです。果たしてこれは少しPCができる親なら頼めるレベルなのか。レポートしたいと思います! 

 

 



ロケフリ移動作戦。 [ロケフリTV体験]

日本中、年末でセワしいというけれど。

私にとってはこの忙しさが懐かしく、心地いい。

なにしろ4年ぶりだから。

おっと、それともちゃんと掃除してないからそんな余裕があるのか。

 

実家のロケフリのベースステーションを、

この年末年始で今の自宅に移動します。

 

これで、自分で設置した場合の体験もできるし。

自宅でワイアレスTVとしても使えるようになる プラス

旦那さんが出張だったり、どこか外出しても外泊してもアクセスできるようになるし。

とっても楽しみ♪

年末年始の楽しみは、なにもお年玉だけではないのでした。

あれれ、私はお年玉はもらうんじゃなくて、あげる立場でした。(号泣)



やっぱり速いといいかんじ。 [ロケフリTV体験]

 

速い。とにかく速い。

まるでTVをそのまま見ているかんじ、にはならない。

でも、それにとっても近いかんじ、にはなってきた。

現在の自宅のくだり速度:

YahooBB

下り最大50Mbps 上り最大3Mbps

だんだんとレベルアップするわたしの環境に万歳とともに。

ロケフリは速度が速ければ、速いほど、その感動力がUPする、と。

実感です。

ダイアルアップはお話にならないし。

ダイアルアップもどきも当然お話にならない。

アメリカのベーシック速度だと、とりあえず楽しめる領域。

日本はすごい。

日本のADSLサービスなら最低レベルでもかなりご満悦だし。

光ならどうなるのか。

安定しているかどうかも、もちろん大切なのだろうけれど。

速度の違いにいまは ただただ、感動、です。



ロケフリ、台湾でも発売。 [ロケフリTV体験]

引越し先から初アクセス

我が家も実家と同じくネット環境はYahooBBにしたのですが、あいかわらずNのつく会社を経由せねばならずADSL接続できるようになるまで2週間強かかってしまいました。 とほほ。

ところで昨日の日経読みました??←当日の日経が読めるようになってむさぼるように読み漁る私。あれ?暇なだけだって?

ロケフリが台湾でも発売ですって。

でもだからといって日本で買ったロケフリを台湾でサポートしてくれるかというと、そういうことではないと、予測。あくまで台湾でマーケット展開して、サポートは台湾で購入したもののみを対象とすると思われる。

グローバルサポートをしてくれるといいのだけれどなぁ。

とはいえ、祝台湾進出

自分がいいと思っているものが他の人も入手できる状況になることは。

なかなかに嬉しいことである。

次回はさっそく、引越し先よりのロケフリアクセス報告です~。

 



速度は速ければ速いほど良い。 [ロケフリTV体験]

やっぱり、速度って大事。

日本に永久帰国して今実家にいるのですが実家のネットを経由してロケフリTVをみたら、

す、すごい。

めっちゃ快適です。

一番大きなサイズでなくて二番目の大きさの画像サイズにすると音声は当然ながら画像もほとんど遅延することもなし。画質もいたって良好。普通にテレビみるのとあまり変わらない。ちなみに実家の環境は

【日本の実家の環境】

下り 最大12Mbps

上り 最大1Mbps

アメリカで見たときも感動したのだけれど、今回

真剣に感動です。

なにしろ、きれい!!

これから私たちが引っ越す家ではもっと速い環境にするのでおそらくさらに快適環境ができあがるはず。

 楽しみ~~~。

 



ロケフリTV、ウェブの使い勝手は? [ロケフリTV体験]

ロケフリTVネットを経由して日本のテレビを見に行く。

ということは。

当然ウェブサイトも見れるわけで。

おっとソネットブログにいきなりアクセスしたら、らむねさん古田さんが斜め隣に並んでる!らむねさん、どうぞお幸せに~

ウェブ側の使い勝手は、初心者に優しくてわかりやすい

ただ、キーボードがないのが痛いかな。

マウスもないのだけれど、これはタッチパネルで操作できるので問題なし。

キーボードは画面下に出る画面上の文字をタッチして操作。

これが慣れれば少しは早くなるだろうけれど、パソコンのような早打ちはできないよね。

読むだけの受動的な動作は問題ないけど、メールを打ったり書類を作ったりする能動的作業は不向きかな。

解決策はUSBポートが一つあるのでここにキーボード作れば、いける。

それでもブラウザはロケフリ独自のもので大きな画像は切れたり文字もカットされる場合があるのでやっぱり真剣に使いたい人には物足りないかも。 私の印象は、ちょっと調べ物があるときに使いたい、メールもチェックしたい、というくらいのユーザーにぴったりなかんじ。

我が家の場合はそれぞれ自分のパソコンがあるのでロケフリのウェブ側は差し迫って必要はないのだけれど、テレビをみながらCM中とかに天気予報を調べたりできるのは

やっぱり便利

 



アメリカで日本を恋しく思うとき。 [ロケフリTV体験]

アメリカで、日本よりも便利だなぁと思うことは実はしばしば。しかし、最初から、やっぱり恋しくなるのは食べ物かな。日本のものがかなり手に入るものの値段が異様に高かったり、品質が納得いかないような場合もあるし。

それから温泉 日本的情緒の結集というのかな。自然を愛でつつ、心やすらかにゆっくりとお湯につかって、疲れとよごれを落とす。これがとても恋しかった。

最初の二年はあまりホームシックにかかることもなかったけれど、三年目から少しずつ加速度的に日本が恋しくなっていくの。私たちの場合当時、日本のテレビが見れる状況でなかったのでまず本を読み漁り。日本語の。あとは日本人のお友達も知り合いになってたくさん会うようになったかな。

最初は食べ物温泉家族友人が恋しかっただけ。三年すぎてさらに恋しくなったのは文化的なところというか、日本とのつながりというか。

そんなところに来てくれたロケフリTVだったから、ものすごく嬉しかった。日本とつながっている、という状態が楽しかった。実際一日中テレビを見ているわけでもなくて、ほんの一時間長くても二時間みるだけ。それでも精神的にとても満たされた気持ちになりました。

 



前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。